【Foursquareとは何なのか?】

foursuareとは『位置情報』と『ゲーム』を組み合わせた『ジオメディア』と呼ばれるサービスです。具体的には、携帯に付いているGPS機能を使って『venue(日本語でいうなら場

所。例えばお店や駅など。)』にチェックインしていきます。

チェックインとはその場所に訪れたというサインみたいなもので、このチェックイン情報はfoursquareの友人だけでなく、Twitterやfacebookなどにも連携して伝えることができます。


【Mayorについて】

同じ場所に複数回チェックインするとそのvenueの長となることができる機能があります。

このvenueの長のことを『Mayor』と言います。

Mayorになると、そのvenueの登録情報を変更できたりしますが海外ではMayorになると特別なオファーを受けれたりします。

例えば実際にあった例ですと、スターバックスが各店舗のMayorに対してフラペチーノを1ドル割引したという事例があります。日本ではまだまだこのようなMayorオファーをやっている店は少ないですが、その一部を以下紹介したいと思います。

①    Pizzakaya

六本木にあるピザ屋「Pizzakaya Roppongi」はMayorになると、ピザを注文する事でガーリック・ドウボール(690円)が無料で食べることができます。

http://foursquare.com/venue/1311718


②    Swagat Indian Tapas

こちらも六本木にあるインド料理屋。Mayorになると最初のドリンクが無料になります。

http://foursquare.com/venue/819709


③    Tokyo curry lab

東京タワー内にあるカレーをテーマにしたレストラン。最初のチェックインをした人に目玉焼きをサービスしています。

http://foursquare.com/venue/3633772


【TipsやTo do】

venueには一言コメント(Tips)を付けることができます。チェックインするときに付けることも可能ですし、PCサイトにログインして、後から追加することも可能です。

リアルタイムな情報交換にも使えますし、他の人へのちょっとした口コミ情報を書いておく的な使い方もできます。またこのTipsは200字の制限があるので、見る側としてもそのvenueの情報が簡潔で見やすいです。また、Tipsは自分の友人、もしくはそのvenueを訪れた人に対して公開されているのに対し、自分だけのメモ的な感じでTipsを残すこともできます。これを「To do」と言います。

例えばあるレストランに行って、「今日はさんまの塩焼き定食を食べたけど、隣の人が食べてたから揚げ定食が美味しそうだった。次はから揚げ定食を食べてみよう。」といった具合である。


【バッジとは?】

Foursquareをやる上での醍醐味として、挙げられるのがここで説明します「バッジの取得」

です。バッジとは何らかの条件を満たしてチェックインを行うと貰えるもので、2010年10月11日現在、約200種類ものバッジが存在しています。(もう取得できない期間限定のバッジもありました。)しかしながら、どのような条件を満たせばバッジを取得できるのでしょうか?

以下、始めたばかりの人が取得しやすバッジをいくつか紹介します。


【何回かチェックインすると取得できるバッジ】

badges1

 

【特定の場所にチェックインすると取得できるバッジ】

badges2


【その他バッジ】

badges3



以上のように、様々なバッジがfoursquareに存在しており、取得条件がユニークなものも多数あります。このようなバッジを取得できた単純な喜びとコレクション性、また仲間とバッジの数を競い合ったりする「ゲーム性」がfoursquareにおいてチェックインするための動機付けとして大きく働いている事は間違いのないところであると思います。

今後ビジネスにおいては、例えばstarbucksに5回チェックインすると貰えるBaristaバッジを持っていればコーヒー1杯を無料で提供するなど、各小売店舗との連携をしていく流れになるのではないかと予想されます。

現にアメリカではこのような試みは行われており、日本でもfoursquareの認知度が高まるにつれ、foursquareのビジネスでの利用も十分考えられるのではないかと思います。

【全バッジのリスト(英語です)】

http://www.4squarebadges.com/foursquare-badge-list/