博士学位論文

2019年度
遠藤麻里:「都市風景考察のためのICT利活用に関する研究」

2018年度
福安真奈:「地域コミュニティ活性化のためのICT利活用環境の設計に関する研究」

修士学位論文

2019年度

岩崎絵里加: “博物館におけるICTを活用した感想共有システム”
髙嶋恵子: “介護予防と見守りのためのスマートスピーカー活用手法の構築と実践”
滝顕匠: “地域観光推進に向けた官民データ利活用の実践~飛騨市における車両ナンバー認証システムの導入と収集データの活用~”
屠芸豪: “人工知能技術を活用した地目判定システムの開発”
辺明秀: “科学館における匿名性に配慮した行動ログ取得基盤”
宮川慎也: “自治体業務支援のためのデータ利活用の提案と実践”
小平美沙季: “深層ローカル特徴を活用した歩行者検出”
劉謙遠: “Continuous Variable Estimation with Classification Networks Ensembling”

2018年度

永井一輝「天文分野における近距離無線通信技術を用いた解説支援システム」
渡辺優樹「官民データ利活用のための産官学連携によるアプリケーション開発と実証」
矢神優「自治体における公共交通情報のオープンデータ化と管理運用」
鵜飼凌央「AI技術を用いた航空写真画像からの地目判定システム」
Aurelio PINERO「Effects of ICT/IoT and Open Data introduction in Japanese Local Governments’ ICT Education and Health promotion activities」
北垣修「Two-Stream CNNを用いた未来フレーム予測による異常検出」
秦瑞笙「Fine-grained Butterfly Recognition with Auxiliary Annotations」
吉頴「Visual Violence Rating with Pairwise Comparison

2017年度

小栗真弥「高齢者のタブレット使用におめるタップ操作特徴の定量的評価」
畢振名「Development of an English Words Learning Assistance System Utilizing Augmented Reality Technology with 3D Markers」
鉾館陸「機械学習のによる星空観測の適時情報通知システムの開発と実証」

2016年度

黒川響子『天文学におけるICTを活用したサイエンスコミュニケーション支援モデルの構築と実証』
荻島和真『地域課題解決のための自治体オープンデータ推進の実践』
高橋朋矢『ICTを用いた地域福祉現場のための情報共有環境の構築と活用』
中根貴和『天文教育支援のための簡易VR用コンテンツの開発と活用』
服部洋明『地方自治体における産官学民連携のオープンデータ推進に関する研究』
山森滉二『農作業名称標準化に基づく作業記録アプリケーションの構築と試行』
横田佳代子『構造材料分野におけるデータ共有の円滑化と可視化シミュレーションに向けた情報プラットフォームの構築』

2015年度

小池優希「ソーシャルメディアに着目したリカレントニューラルネットを用いたアプリストアランキング変動予測に関する研究」
西下慧「地域歴史伝承支援システムの開発と検証」
工藤智祥「科学系博物館における位置連動型通知を用いた天文教育のためのモバイルガイドの構築」

学士学位論文

 

2019年度

鬼頭 昭大「自治体オープンデータを活用した地域防災情報発信の推進」
川村 駿「自治体オープンデータ 推進における課題と解決のための実証〜写真、住民向け情報及び観光オープンデータの事例〜」
岩田 浩暉「グループ来館者の興味に基づいた科学館展示物推薦システム」
加藤 拓史「AI技術による航空写真画像からの対象物検出および土地評価への応用」
南保 絢乃「近距離無線通信技術を用いた科学館学習のための手法の調査と提案」
長谷川 優香「観光ボランティアの情報発信支援とソーシャルメディアの効果〜東区文化のみちガイドボランティアの事例〜」
櫃石 祥歌「介護予防に向けたスマートスピーカーの活用と実証」
小田 敦也「野外天体学習への動機付けを目的としたスマートスピーカーアプリの提案」

2018年度

小倉 優悟:「データ連携利用のためのモバイルアプリ開発手法の提案と実践」
鈴木 彩音:「自治体における写真管理の課題整理と解決策の提案」
小山 凱:「オープンデータ及びパーソナルデータを活用した売上分析と可視化」
和田 颯馬:「Web検索結果による関連度を利用した博物館展示物推薦システム」

2017年度

何雨瀟「天文教育支援のための星空シミュレーションシステムに基づくWeb教材システムの開発」
中條裕基「地域における防災啓発活動推進のためのアプリケーション開発と実証」
津田明日香「ICTを用いた民生委員向け情報利活用環境の設計と実証」
藤川千瑛「地域住民による観光ブログ記事作成支援ツールの提案と実証」
藤本光「チャットボットを活用した地域子育て支援情報案内システムの提案と実証」
劉迪「写真投稿システムを用いた市民による地域の魅力収集とその活用」

2016年度

臼井瑠那「市民による地域資源情報のオープンデータ化の提案と実践」
内田祐嗣「地方動物園におけるBLEビーコンを用いた園内周回支援アプリの提案と実証」
永井一輝「科学系博物館におけるデジタルコンテンツを用いた解説支援のためのモバイルガイドの開発と評価」
野中敢生「実物展示に対する透過スクリーンを用いた情報提示に関する研究」
松井健「自治体オープンデータ推進のための防災啓発アプリの開発と実証」
伊藤薫人「科学系博物館ガイドシステムにおけるログデータ可視化方法の検討と構築」

2015年度

樋口茉奈『地域歴史学習を目的とした社会科見学におけるWebアプリケーションの開発と実証』
荒井亮磨『高齢者の継続的なタブレット活用促進のためのモデルの提案と試行』
畢振名『子育て支援ネットワークにおける情報整理モデルの検討・構築』
常富大輝『ソーシャルメディアにおける特徴語の共起ネットワークによる可視化とアプリストアのランキング変動に与える影響の分析』
新倉涼平『アプリのジャンル別に見るSNSの口コミ数とランキング分布に関する分析と考察』
鉾館陸『定点カメラ画像を用いたリアルタイム星空分析システムの開発』