第6回とうかい観光情報学会研究会でM1山本さんが研究発表しました

第6回とうかい観光情報学研究会でM1山本悟史さんが「顔認証システムを用いた観光来訪者の分析〜高山市宮川朝市の事例〜」というタイトルで発表を行いました.
本来は熱田での開催予定でしたが,コロナウイルスの関係で,Zoomを用いたオンライン開催になりました.

http://www.sti-tokai.org/doku.php?id=events%3A20200228&fbclid=IwAR1Q7edBXTw-PwUNf76j0lAhICyXpQorfwk60qAB3e79zMoEAB9V9IQHUQQ