第5回とうかい観光情報学会研究会

2月18日に,名古屋大学にて第5回とうかい観光情報学会研究会が開催され,弊研究室から4件の発表がありました.

M1宮川慎也「音声アシスタントを活用した観光地情報の多言語配信の検討」

B4鈴木彩音「自治体オープンデータにおける画像公開方法の検討」

M1滝顕匠「自治体の観光推進に向けた口コミ情報と駐車場利用情報の分析と可視化」

M1岩崎絵里加「博物館来館者を対象とした展示資料解釈および共有支援システムの提案」

また,名古屋城の本丸御殿の調査も行われました.